ロゴ
HOME>クチコミ>慌てずトイレつまりを解消するコツをご紹介!

慌てずトイレつまりを解消するコツをご紹介!

トイレ

トイレつまりを直す方法はいくつかありますが、始めて問題に直面した方はどうすれば良いかあたふたしてしまうでしょう。一番の解決策は、業者へ依頼することです。女性の作業員がいる業者もあり、女性の方でも依頼がしやすくなっていますよ。

レビュー

つまりが起こる前に依頼する業者を決めておくと良いですよ

トイレって生きていれば誰しもが利用するものですよね。そのトイレが使えなくなったら非常に困りますし、実際に以前トイレつまりを起こしたときは本当に困りました。当時一人暮らしで賃貸に住んでいたのですが、水が流れなくて混乱しました。よく学校においてあったような、スッポンというつまりを直す器具もありませんし、業者を呼ぶしかありませんでした。しかし、水が流れないので用を足した後の状態を見られるのがすごく恥ずかしかったですし、せめて女性であってほしいと考えていましたが作業員はやはり男性でした。聞いたところ、そのとき呼んだ業者さんには女性の作業員もいて、依頼すれば指名することもできたそうです。事前にこういう情報を知っておくといざというとき安心しますね。
[40代|女性]

止水栓の扱い方は知っておくと良い!

トイレつまりを起こした際、タンクや配管から水が漏れ出してきて水浸しになったことがありました。偶然息子が近くにいたのでスマホで調べてもらい、「止水栓を閉めるといいらしい」と言われて説明されながら作業しました。本来はプロに見てもらうべきですが、待機している間にとにかく水を止めたいときのために扱い方は覚えておいて損はないと思います。住んでいる家が古い場合は家中の元栓を閉めたほうがいいのと、ウォシュレットトイレの場合はウォシュレットの止水栓と間違えないようにするのが大切なようです。マイナスドライバーさえあれば作業はできてしまうので、水が止まらなくなったときのために、家のトイレの止水栓の位置と種類を見ておくといいですよ。
[40代|男性]