ロゴ
HOME>特集>普段からチェック!トイレがつまりを起こす前兆を知っておこう

普段からチェック!トイレがつまりを起こす前兆を知っておこう

トイレ

つまってしまう原因

いつも快適に使っているトイレでも、ある原因をきっかけとしてつまりが生じ流れなくなることがあります。完全につまってしまうと業者を呼ぶ以外に解決法もなくなるので、防ぐためにもその原因を知っておきましょう。原因として最も多いのが、トイレットペーパーの流しすぎです。水に溶けやすい素材で作られているといっても、それは少量を流した時の話です。便器から溢れんばかりの量を一度に流そうとすると、密度が高くなるため途中でつまりを起こしてしまいます。流してはいけないものを流してしまったときも、同様につまりを引き起こします。よくあるのが、トイレットペーパーの芯を落とすケースです。他にもハンカチやポケットティッシュなども使う際にうっかり落としやすいので、個室から完全に出るまでは使わないようにするといった対策も大事です。

工具

つまりを起こす前兆

便器に関するトラブルは、完全につまりを起こす前に対処すれば自分で直すこともできます。トイレつまりには必ず前兆があるので、それを覚えて被害の拡大を防ぐようにしましょう。初めに注目するのが、流したときの音です。いつもと違う音が便器から聞こえてきた場合は、何らかの不具合が起きていると考えたほうが良いでしょう。特にポコポコという空気が水から出るような音がするときは、使用をやめて調査してもらったほうが安心です。流れるまでに時間がかかる場合も、トイレつまりの前兆と考えられます。水面を見てすぐに減っていかないときや、下がりきった水面がなかなか上がってこないのも同じです。いずれも中に何かがつまっているせいで、普段と違う挙動になっていると判断できます。